设为首页     网站地图     收藏本站

(免长途费)客服热线: 400 699 1286


日本SNC236合金钢_中碳镍铬合金结构钢SNC236_SNC236力学性能

SNC236
中碳镍铬合金钢
日本结构钢
标准:日本JIS G 4053-2008


日本SNC236合金钢的特性
SNC236是一种调质钢类型合金结构钢,是日本的机械结构用合金钢钢材,属于中碳镍铬(Ni-Cr)合金钢类型结构钢,载于日本工业标准JIS G 4053,旧牌号是SNC1,SNC236钢在调质状态有良好的综合力学性能,低温冲击韧性良好,SNC236钢的淬透性较高,东莞市弘超模具科技有限公司结构钢事业部推荐日本SNC236合金结构钢用于制造各种轴类零部件以及螺丝、螺杆类零件。

日本SNC236合金钢的化学成分
钢种牌号 标准 化学成分(质量分数,%)
  C Si Mn Cr Ni Cu P S
SNC236 JIS G 4053-2008 0.32~0.40 0.15~0.35 0.50~0.80 0.50~0.90 1.00~1.50 ≤0.30 ≤0.030 ≤0.030
注:化学成分允许偏差按JIS G 0321的规定。

日本SNC236合金钢的相变点
Ac:730℃~775℃;
Ar:705℃~660℃。

日本SNC236合金钢的锻造温度
锻造温度为1050℃~850℃。

日本SNC236合金钢的热处理工艺
退火:约820炉冷;
淬火:820℃~880℃,在油中淬硬;
回火:550℃~650℃,急冷。
SNC236的回火曲线图如下所示:

日本SNC236合金钢的力学性能
钢号 标准 热处理条件 力学性能 硬度HBS
  820℃~880℃油淬,550℃~650℃回火,急冷。 抗拉强度σb(MPa) 屈服强度σs(MPa) 伸长率δ(%) 收缩率ψ(%) 冲击韧性αKV(J/cm2) 
SNC236 日本JIS G 4102  740 590 22 50 118 217~277

日本SNC236合金钢的用途
SNC236合金钢主要用于制造轴、曲轴、连杆等轴类零部件以及齿轮、螺丝、螺杆等零件。

更多信息
请直接与我公司服务人员联络(热线电话:0769-82621066/400-699-1286),以获得更多的有关日本SNC236合金结构钢及其它日本结构钢的选择、应用、热处理及库存等相关资料。

附:东莞弘超提供日本工业标准JIS G 4053-2008有关日本SNC236合金结构钢的日文资料。

SNC236(ニッケルクロム鋼)の成分と機械的性質(引張強さ、降伏点、伸び、絞り、硬度)
SNC236はニッケルクロム鋼で、強靭鋼に相当します。ニッケルとクロムは相性がよく、ニッケルを添加することでクロムによって生成される酸化膜の密着性がさらに向上して、耐食性も上がります。また耐熱性の向上にも寄与します。こうした理由からシャフトやギヤ-など摩耗への耐性が要求される局面で使われる材料です。通常の構造用炭素鋼等に比べると高級な材料です。
SNC236の成分(単位:%)
材料記号 C Si Mn P S Ni Cr Mo
SNC236 0.32
~0.40 0.15
~0.35 0.50
~0.80 0.030以下 0.030以下 1.00
~1.50 0.50
~0.90 -

SNC236の熱処理温度、機械的性質、硬度(参考値)
種類 熱処理温度
(℃) 引張試験
(4号試験片) 衝撃試験
(Uノッチ試験片) 硬度
(HBW)
 焼入れ 焼戻し 降伏点
N/mm2 引張強さ
N/mm2 伸び
% 絞り
% 衝撃値
(シャルピー)
J/cm2 
SNC236 820
~880油冷 550~650
急冷 590以上 740以上 22以上 50以上 118以上 217~277

资料来源:东莞市弘超模具科技有限公司结构钢事业部http://www.gd-steel.com
版权所有,转载或引用请注明链接和出处

【 浏览次数:173 】 【 加入时间:2011-12-01 06:40:45 】 【 关闭本页